看護師求人 navi比較版​​


第1位: 【マイナビ看護師】あなた専属のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート!

あなた専属のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート!


マイナビ看護師の特徴

  • 求人の職種が多く質も高い
    看護師だけではなくケアマネージャー・保健師などの職種まで広く紹介されているので、看護・医療関係の方に幅広くご利用いただけます。
    大手のマイナビというブランドと安心感により、優良求人が安定して集まってくるので、タイミングによって良い求人が見つからないということがありません。
  • 勤務先の詳しい情報をご紹介出来ます!
    マイナビ看護師には、看護師の職場を取材して公開している「看護師の職場カルテ」という人気コンテンツがあります。
    都市部だけでなく、全国各地の職場についても多数紹介されていて、求人票だけではわかりにくい仕事内容や、気になる職場環境がリアルに掲載されています。
  • 希望の病院・施設を逆指名できる
    担当のキャリアアドバイザーに依頼して、ご希望の病院を逆指名できることもあります。
    ご希望の病院や施設がある場合は、採用枠を作ってもらえないかとキャリアアドバイザーに交渉してもらうことができます。

マイナビ看護師 転職活動の7ステップ

第2位: 【ジョブメドレー】医療系求人数業界No.1!約22,200件の求人から理想のお仕事をご案内!

地方転職も都心転職もジョブメドレー!!


ジョブメドレーの特徴

  • ジョブメドレーはサーチ型サイトです
    サービス形態がエージェント型ではなく、自ら検索するサーチ型となりますので、自分のペースで職探しが可能です。なので、エージェントからのしつこい電話や催促はございません。
  • 人気のスカウト機能
    あなたのプロフィールを見て、事業所からスカウトメールを受け取ることができます。
  • web面接、動画選考機能
    パソコンやスマホのビデオ通話を活用したウェブ面接や、動画選考機能が利用できます。
    このサービスは2020年10月から開始され、ウェブ面接を使えば医療機関や施設に出向くことなく、交通費や時間を節約できます。
第3位: 【レバウェル看護 ( 旧 看護のお仕事 )】

全国各地に支店がある『全国対応』のサービスです!


レバウェル看護の特徴

  • 全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポート致します!
  • 看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』!
  • 累計年間登録数業界最大級の11万人以上!
  • 業界最大級の『非公開求人』(=好条件求人)保有!
  • 医療業界を熟知したキャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応!無理に転職を勧めることはありません。
  • 各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能!
  • 働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント等の『看護師さんの生活を向上させるイベント』を多数開催!
第4位: 【看護roo!】

業界最大規模!求人数は首都圏・関西・東海エリアで2万件超え


看護roo!の特徴
看護roo!は、転職に不慣れな方や適切な求人が見つけられない方に寄り添ってサポートする転職エージェントです。

自分にとって都合の良い時間に電話をして、希望する条件を伝えるだけで、最適な求人情報が提供されます。良い点・悪い点・企業の内部情報などを詳しく教えてもらえるので、求職者と企業のミスマッチを回避することができます。

雇用形態についても、常勤はもちろん、非常勤、派遣、パート、短期・単発など、さまざまな働き方に対応していますので、ご希望のお仕事を見つけることが出来ます。

第5位: 【ジョブデポ看護師】

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の看護師専門の転職支援サービス


ジョブデポ看護師の特徴
希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーにお仕事をご紹介します!
給与や勤務時間など直接聞きにくいことは、すべてジョブデポが交渉します!

コンサルタントが条件交渉をサポートするため、「希望する病院で働きたいが、給与が期待に応えられない」といった悩みを持つ方にもお勧めです。

また、求人が公開されていない病院にも交渉をしますので、「志望する病院に求人が見当たらない」という方にも、ジョブデポ看護師を利用するメリットがあります。

ジョブデポ看護師を上手に活用すれば、転職活動を円滑に進めることができます。

看護師の求人数が増えている理由について、以下に詳しく説明します。

病院の増加

日本では高齢化が進んでおり、これに伴い病院の需要も増えています。
多くの高齢者が慢性疾患や介護が必要となるため、新たな病院や医療施設の開設が進んでいます。
このため、看護師の需要が増え、求人数も増加しています。

薬局の拡大

近年、薬局の業態が多様化し、薬剤師と共に看護師の需要も増えています。
一般の薬局だけでなく、特定の疾患に特化した専門薬局や在宅医療を行う薬局も増えており、こうした施設や業態では看護師の役割が重視されています。
そのため、求人数も増えているのです。

人材不足の解消

看護師の人材不足は長年の課題でしたが、政府や関連団体の取り組みにより、人材不足の解消が進んでいます。
例えば、看護学校の枠拡大や短期間で看護師に転職するための教育プログラムの充実など、看護師を養成する体制の整備が行われています。
これにより、若い世代の看護師の数が増え、求人数も増加しているのです。

働きやすい環境の整備

看護師の求人数が増える一因として、働きやすい環境の整備もあります。
例えば、労働条件の改善や福利厚生の充実、キャリアアップの機会の提供など、職場環境が改善されています。
これにより、看護師の働きやすさが向上し、求人数が増えているのです。

まとめ

看護師の求人数が増える理由として、病院や薬局の増加、人材不足の解消、働きやすい環境の整備などが挙げられます。
高齢化社会において、看護師の重要性が認識され、求人数が増えているのです。

求人数の増加は地域によって異なるのか?
看護師の求人数の地域差についての説明

地域による求人数の異なり

看護師の求人数は、地域によって異なる傾向が見られます。
一般的に、都市部や大都市圏では求人数が多く、人口密度の高い地域ほど需要が高まる傾向があります。
逆に、人口が少なく地方の地域では求人数が少ないことが多いです。

都市部と大都市圏

都市部や大都市圏では、多くの病院や薬局が集中しています。
人口密度が高く、病院や薬局への需要も高いため、看護師の求人数が比較的多いです。
特に、大都市圏の中心部や都心にある総合病院や大規模な医療施設では、大量の看護師を募集していることがあります。

地方の地域

一方、地方の地域では人口が少なく、医療機関自体の数も限られています。
そのため、看護師の求人数も少ない傾向があります。
地方の病院や薬局では、看護師の需要はあるものの、人口の少なさや医療機関の少なさから求人数が制限されることがあります。

理由

求人数の地域差の理由はいくつか考えられます。
まず、人口の分布が大きな影響を与えます。
人口密度の高い地域では、多くの医療機関が存在し、そのために看護師の需要も高まります。
また、都市部や大都市圏では特に専門的な医療機関や研究施設が集中しているため、看護師の求人数も多いです。

一方で、地方の地域では人口が少ないため、病院や薬局の数が限られています。
それに伴い、看護師の求人数も制限されてしまいます。
また、地方の地域では高齢化が進んでいることも考慮に入れる必要があります。
高齢者の健康管理や介護の需要は増加しているものの、医療機関の数や看護師の数が限られているため、求人数が少ないのです。

まとめ

看護師の求人数は地域によって異なります。
都市部や大都市圏では求人数が多く、人口の多さや医療機関の数が影響しています。
一方、地方の地域では人口の少なさや医療機関の少なさから求人数が制限されることがあります。

求人数の増加には何が要因となっているのか?
看護師の求人数の増加には、以下のような要因が考えられます。

人口の高齢化

日本の人口の高齢化が進んでおり、高齢者の医療ニーズの増加によって病院や薬局などの医療機関の需要が高まっています。
高齢者は一般的に病気や障害を抱えており、看護師の需要が増えているため、求人数も増加しているのです。

新たな治療技術や医療機器の開発

近年、医療技術や医療機器の進歩により、患者さんの治療やケアの方法が多様化しています。
これに伴い、看護師のスキルや知識がより高度化され、求人数が増加しているのです。

地域格差の解消

過疎地や地方都市など、一部の地域では看護師の不足が深刻化しているため、求人数を増やすことで人材確保を図っています。
また、地域の医療機関が充実することで、地域の医療水準の向上も期待されています。

働き方改革の影響

近年では、労働条件の改善や働き方の多様化が進んでいます。
これにより、看護師の労働時間や福利厚生が改善され、より魅力的な職場となっています。
求人数の増加は、看護師の働きやすさを向上させるための一環として行われています。

以上が看護師の求人数の増加の要因です。
これらの要因が相互に関連しており、看護師の需要は今後も増え続けると予測されます。

求人数の増加に伴って看護師の労働条件や待遇は改善されているのか?
看護師の求人数の増加に伴う労働条件と待遇の改善について

看護師の求人数の増加

  • 近年、看護師の需要が高まっており、求人数は増加傾向にあります。
  • 高齢化社会や人口の減少に伴い、病院や薬局などの医療機関での看護師の需要は増え続けています。
  • また、医療技術の進歩により、病院での治療が必要な患者の数も増加しており、看護師の需要は一段と高まっています。
  • さらに、新型コロナウイルスのパンデミックにより、看護師の需要が急速に増加していることも影響しています。

看護師の労働条件の改善

  • 看護師の求人数の増加に伴って、労働条件の改善も進んでいます。
  • 労働時間の短縮や休暇制度の充実、残業の削減など、働きやすい環境への取り組みが行われています。
  • また、職場の労働環境の改善も進んでおり、安全で快適な職場づくりが求められています。

看護師の待遇の改善

  • 求人数の増加に伴って、看護師の待遇も改善されつつあります。
  • 給与の引き上げや賞与制度の導入、福利厚生の充実など、待遇面の改善が行われています。
  • さらに、キャリアアップやスキルアップのための教育制度や研修の充実も進んでいます。
  • また、ワークライフバランスを重視し、家族や子育てとの両立がしやすい制度も整備されています。

改善の理由

  • 看護師の求人数の増加により、看護師の希望する労働条件や待遇を提供することで、優秀な看護師の確保と定着を図るための施策が行われています。
  • 労働環境や待遇の改善は、看護師のストレスや疲労を軽減し、仕事へのモチベーションや満足度を向上させることが目的です。
  • また、労働条件や待遇の改善は、看護師の能力やスキル向上にも繋がり、医療の質の向上にも寄与します。

まとめ

都市部や大都市圏では病院や薬局の数が多く、人口密度が高いため看護師の需要が高まっています。そのため、求人数が増加しています。

タイトルとURLをコピーしました