看護師 求人 navi比較版


第1位: 【マイナビ看護師】あなた専属のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート!

あなた専属のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート!


マイナビ看護師の特徴

  • 求人の職種が多く質も高い
    看護師だけではなくケアマネージャー・保健師などの職種まで広く紹介されているので、看護・医療関係の方に幅広くご利用いただけます。
    大手のマイナビというブランドと安心感により、優良求人が安定して集まってくるので、タイミングによって良い求人が見つからないということがありません。
  • 勤務先の詳しい情報をご紹介出来ます!
    マイナビ看護師には、看護師の職場を取材して公開している「看護師の職場カルテ」という人気コンテンツがあります。
    都市部だけでなく、全国各地の職場についても多数紹介されていて、求人票だけではわかりにくい仕事内容や、気になる職場環境がリアルに掲載されています。
  • 希望の病院・施設を逆指名できる
    担当のキャリアアドバイザーに依頼して、ご希望の病院を逆指名できることもあります。
    ご希望の病院や施設がある場合は、採用枠を作ってもらえないかとキャリアアドバイザーに交渉してもらうことができます。

マイナビ看護師 転職活動の7ステップ

第2位: 【ジョブメドレー】医療系求人数業界No.1!約22,200件の求人から理想のお仕事をご案内!

地方転職も都心転職もジョブメドレー!!


ジョブメドレーの特徴

  • ジョブメドレーはサーチ型サイトです
    サービス形態がエージェント型ではなく、自ら検索するサーチ型となりますので、自分のペースで職探しが可能です。なので、エージェントからのしつこい電話や催促はございません。
  • 人気のスカウト機能
    あなたのプロフィールを見て、事業所からスカウトメールを受け取ることができます。
  • web面接、動画選考機能
    パソコンやスマホのビデオ通話を活用したウェブ面接や、動画選考機能が利用できます。
    このサービスは2020年10月から開始され、ウェブ面接を使えば医療機関や施設に出向くことなく、交通費や時間を節約できます。
第3位: 【レバウェル看護 ( 旧 看護のお仕事 )】

全国各地に支店がある『全国対応』のサービスです!


レバウェル看護の特徴

  • 全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポート致します!
  • 看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』!
  • 累計年間登録数業界最大級の11万人以上!
  • 業界最大級の『非公開求人』(=好条件求人)保有!
  • 医療業界を熟知したキャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応!無理に転職を勧めることはありません。
  • 各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能!
  • 働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント等の『看護師さんの生活を向上させるイベント』を多数開催!
第4位: 【看護roo!】

業界最大規模!求人数は首都圏・関西・東海エリアで2万件超え


看護roo!の特徴
看護roo!は、転職に不慣れな方や適切な求人が見つけられない方に寄り添ってサポートする転職エージェントです。

自分にとって都合の良い時間に電話をして、希望する条件を伝えるだけで、最適な求人情報が提供されます。良い点・悪い点・企業の内部情報などを詳しく教えてもらえるので、求職者と企業のミスマッチを回避することができます。

雇用形態についても、常勤はもちろん、非常勤、派遣、パート、短期・単発など、さまざまな働き方に対応していますので、ご希望のお仕事を見つけることが出来ます。

第5位: 【ジョブデポ看護師】

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の看護師専門の転職支援サービス


ジョブデポ看護師の特徴
希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーにお仕事をご紹介します!
給与や勤務時間など直接聞きにくいことは、すべてジョブデポが交渉します!

コンサルタントが条件交渉をサポートするため、「希望する病院で働きたいが、給与が期待に応えられない」といった悩みを持つ方にもお勧めです。

また、求人が公開されていない病院にも交渉をしますので、「志望する病院に求人が見当たらない」という方にも、ジョブデポ看護師を利用するメリットがあります。

ジョブデポ看護師を上手に活用すれば、転職活動を円滑に進めることができます。

新卒採用と中途採用の違いと影響について

新卒採用とは

新卒採用とは、大学や専門学校を卒業したばかりの学生を対象とした採用活動のことです。

特徴

  • 経験がほとんどないため、基礎的な業務を学ぶことができる
  • 年齢も若く、長期的なキャリア形成が可能
  • 企業側が独自の教育制度を提供することで、社員の育成を図ることができる

影響

新卒採用により、企業は若手の人材を確保することができます。
これにより、新鮮なアイデアやエネルギーを持った人材が組織に入り、組織の活性化や成長に寄与することが期待されます。

中途採用とは

中途採用とは、既に他の企業で働いていたり、就業経験がある人を対象とした採用活動のことです。

特徴

  • 既に実務経験を積んでいるため、即戦力として活躍できることが期待される
  • 社会人経験や専門知識を持っているため、業務をスムーズに進めることができる
  • 他の企業での経験から、異なる視点やノウハウを持っている場合がある

影響

中途採用により、経験豊富な人材を迅速に補充することができます。
これにより、組織の業績向上や企業の成長を支えることができます。
また、中途採用者が持つ異なる視点やノウハウを活かし、組織の改善や問題解決に貢献することも期待されます。

新卒採用と中途採用は、それぞれ異なる特徴と影響を持っています。
新卒採用では経験がほとんどない若手の人材を採用し、企業が教育制度を提供することで人材育成を行います。
一方、中途採用では既に実務経験を持った人材を採用し、即戦力として活躍させることが期待されます。
組織には新鮮なエネルギーや異なる視点が必要な場合には新卒採用が、既に実績やノウハウを持つ人材が必要な場合には中途採用が適しています。
どちらの採用方法も組織の成長や活性化に貢献する重要な手段となっています。

新卒採用と中途採用の影響はどのように異なりますか?
新卒採用と中途採用の影響の違いについて

新卒採用の影響

  • 若手人材の積極的な採用:新卒採用は、学校を卒業したばかりの若手人材を積極的に採用することが特徴です。
    彼らは最新の知識や技術を持っており、新しい視点やアイデアをもたらすことが期待できます。
  • 長期的な成長:新卒採用は、将来のリーダーや幹部候補としての育成が期待されます。
    彼らは会社の文化や価値観に触れ、長期的な成長と企業への忠誠心が育まれる可能性が高いです。
  • 組織の若返り:新卒採用は、組織の若返りにつながります。
    若手人材を積極的に採用することで、エネルギッシュな雰囲気や活気が生まれ、組織の活性化に繋がるでしょう。

中途採用の影響

  • 即戦力の獲得:中途採用は、即戦力となる経験やスキルを持った人材を採用することが特徴です。
    彼らは既に業界や職種の経験を持っており、即座に仕事に取り組むことができます。
  • 他の組織の知見の導入:中途採用は、他の組織で培われた知見やノウハウを導入することができます。
    彼らは他の病院や薬局での経験を通じて得た知識やネットワークを持っており、組織に新しいアイデアや改善点をもたらすことが期待されます。
  • 即時の業務改善:中途採用は、即時の業務改善につながることがあります。
    彼らは既に経験を積んでいるため、組織内の問題や課題を素早く把握し、改善策を提案することができます。

新卒採用と中途採用の影響の違いは、主に若手人材の育成や組織の若返り、即戦力の獲得や他の組織の知見の導入、即時の業務改善にあります。
新卒採用は将来の成長や組織文化への適応性を重視し、中途採用は既存の経験と能力を活かした即戦力となることが期待されます。
また、病院や薬局の場合、新卒採用は最新の医療知識や技術を持つ若手医師や薬剤師を育成するための手段となり、中途採用は他の施設で培った経験や専門知識を活かして即座に業務に参加することができます。
これらの要因により、新卒採用と中途採用にはそれぞれ異なった影響が生じるのです。

新卒採用と中途採用の選考プロセスはどのように異なりますか?
新卒採用と中途採用の選考プロセスの異なる点

新卒採用

  • 選考方法: 新卒採用では、大学や専門学校の採用イベントや就職説明会を通じて、学生との出会いが重要です。
    多くの企業は、学生が履修した科目や成績などの情報を提供する学業成績証明書や履歴書、エントリーシートを受け取り、書類選考を行います。
    その後、面接やグループディスカッション、筆記試験などの選考手段を利用し、最終的な採用の判断を行います。
  • 経験やスキルの要求: 新卒採用では、未経験者や少ない経験を持つ人材を採用することが一般的です。
    そのため、採用時には学生の学習能力や成長性、将来のポテンシャルを重視する傾向があります。
  • 教育プログラム: 新卒採用では、特定の職種や業務に必要なスキルや知識を習得するための教育プログラムを提供することが一般的です。
    新入社員に対しては、一定期間にわたる研修期間やマンター制度を設けるなど、サポート体制を整えることが求められます。

中途採用

  • 選考方法: 中途採用では、求人広告や人材紹介会社を通じて応募者を募集します。
    書類選考や面接などのステップを経て、候補者を選定することが一般的です。
  • 経験やスキルの要求: 中途採用では、業務経験や専門知識を持つ人材を採用することが一般的です。
    そのため、採用時には候補者の実績やスキルセットを重視する傾向があります。
  • 教育プログラム: 中途採用においては、既に業務経験があるため、経験者に適した教育プログラムを提供することが求められます。
    具体的な教育内容は、個々の経験や能力に応じてカスタマイズされることが一般的です。

影響

新卒採用と中途採用の選考プロセスの違いは、採用する人材の条件や要求スキルに関連しています。
この違いにより、企業の組織文化や人材戦略にも影響があります。

新卒採用では、将来の成長性やポテンシャルを評価するため、採用者への教育プログラムやサポート体制の整備が重要です。
一方で、中途採用では業務経験や専門知識を重視するため、教育プログラムは個々の経験や能力に合わせたカスタマイズが必要となります。

新卒採用と中途採用のバランスを取ることで、組織には若々しいアイデアと熟練した経験を持つ人材が揃い、企業の持続的な成長を支えることができます。

新卒採用と中途採用の採用費用はどのように比較できますか?
新卒・中途採用の違いと影響に関する質問です。

新卒採用と中途採用の採用費用の比較

新卒採用の採用費用

  • 新卒採用では、大学や専門学校との提携や学生向けのイベントへの出展など、広告・宣伝費が必要です。
  • 新卒採用では、新卒向けの選考会や採用試験の開催、書類審査などの人材採用プロセスが必要です。
  • 新卒採用では、新卒社員の教育・研修に人材と時間の費用がかかります。

中途採用の採用費用

  • 中途採用では、求人サイトや人材紹介会社への掲載費用や手数料が必要です。
  • 中途採用では、応募者への選考プロセスや面接などの費用がかかります。
  • 中途採用では、採用された社員の教育・研修に人材と時間の費用がかかります。

新卒採用と中途採用の採用費用の比較

  • 新卒採用の場合、広告・宣伝費や大学との提携費などの初期費用がかかりますが、多くの場合、長期的に雇用できることから、採用費用の回収が見込めます。
  • 一方、中途採用の場合、求人広告や人材紹介会社への費用がかかりますが、既に実績のある社会人を採用できるため、即戦力として働ける可能性が高く、採用費用の回収が早期に期待できる場合もあります。

影響に関する理由

新卒採用の影響

  • 新卒採用は、若い人材を採用するため、会社の将来を担う人材を育成することができます。
  • 長期的な雇用を前提とするため、組織に適応し、会社の文化や習慣に馴染んでいく時間が十分にあります。
  • 若い人材が持つ新しいアイデアや技術を取り入れることができます。

中途採用の影響

  • 中途採用は、既に実績のある人材を採用できるため、即戦力として活躍することができます。
  • 経験豊富な社員の知識やスキルを組織に取り入れることができます。
  • 異なる会社や業界での経験を持つ社員が、新たな視点やノウハウをもたらすことができます。

採用費用や採用方法の違いにより、新卒採用と中途採用はそれぞれ異なる特徴と影響を持ちます。
企業は自身のニーズや目的に応じて、新卒採用と中途採用を組み合わせることで、最適な人材を確保することが重要です。

まとめ

新卒採用と中途採用の違いは、新卒採用は経験がほとんどない若手の学生を採用し、基礎的な業務を学ばせることができる一方、中途採用は既に実務経験を持った人材を採用し、即戦力として活躍させることが期待されます。新卒採用は組織の活性化や成長に貢献する一方、中途採用は組織の業績向上や問題解決に貢献することが期待されます。

タイトルとURLをコピーしました