看護師求人 ナビ比較版


第1位: 【マイナビ看護師】あなた専属のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート!

あなた専属のキャリアアドバイザーが転職活動をサポート!


マイナビ看護師の特徴

  • 求人の職種が多く質も高い
    看護師だけではなくケアマネージャー・保健師などの職種まで広く紹介されているので、看護・医療関係の方に幅広くご利用いただけます。
    大手のマイナビというブランドと安心感により、優良求人が安定して集まってくるので、タイミングによって良い求人が見つからないということがありません。
  • 勤務先の詳しい情報をご紹介出来ます!
    マイナビ看護師には、看護師の職場を取材して公開している「看護師の職場カルテ」という人気コンテンツがあります。
    都市部だけでなく、全国各地の職場についても多数紹介されていて、求人票だけではわかりにくい仕事内容や、気になる職場環境がリアルに掲載されています。
  • 希望の病院・施設を逆指名できる
    担当のキャリアアドバイザーに依頼して、ご希望の病院を逆指名できることもあります。
    ご希望の病院や施設がある場合は、採用枠を作ってもらえないかとキャリアアドバイザーに交渉してもらうことができます。

マイナビ看護師 転職活動の7ステップ

第2位: 【ジョブメドレー】医療系求人数業界No.1!約22,200件の求人から理想のお仕事をご案内!

地方転職も都心転職もジョブメドレー!!


ジョブメドレーの特徴

  • ジョブメドレーはサーチ型サイトです
    サービス形態がエージェント型ではなく、自ら検索するサーチ型となりますので、自分のペースで職探しが可能です。なので、エージェントからのしつこい電話や催促はございません。
  • 人気のスカウト機能
    あなたのプロフィールを見て、事業所からスカウトメールを受け取ることができます。
  • web面接、動画選考機能
    パソコンやスマホのビデオ通話を活用したウェブ面接や、動画選考機能が利用できます。
    このサービスは2020年10月から開始され、ウェブ面接を使えば医療機関や施設に出向くことなく、交通費や時間を節約できます。
第3位: 【レバウェル看護 ( 旧 看護のお仕事 )】

全国各地に支店がある『全国対応』のサービスです!


レバウェル看護の特徴

  • 全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポート致します!
  • 看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』!
  • 累計年間登録数業界最大級の11万人以上!
  • 業界最大級の『非公開求人』(=好条件求人)保有!
  • 医療業界を熟知したキャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応!無理に転職を勧めることはありません。
  • 各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能!
  • 働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント等の『看護師さんの生活を向上させるイベント』を多数開催!
第4位: 【看護roo!】

業界最大規模!求人数は首都圏・関西・東海エリアで2万件超え


看護roo!の特徴
看護roo!は、転職に不慣れな方や適切な求人が見つけられない方に寄り添ってサポートする転職エージェントです。

自分にとって都合の良い時間に電話をして、希望する条件を伝えるだけで、最適な求人情報が提供されます。良い点・悪い点・企業の内部情報などを詳しく教えてもらえるので、求職者と企業のミスマッチを回避することができます。

雇用形態についても、常勤はもちろん、非常勤、派遣、パート、短期・単発など、さまざまな働き方に対応していますので、ご希望のお仕事を見つけることが出来ます。

第5位: 【ジョブデポ看護師】

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の看護師専門の転職支援サービス


ジョブデポ看護師の特徴
希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーにお仕事をご紹介します!
給与や勤務時間など直接聞きにくいことは、すべてジョブデポが交渉します!

コンサルタントが条件交渉をサポートするため、「希望する病院で働きたいが、給与が期待に応えられない」といった悩みを持つ方にもお勧めです。

また、求人が公開されていない病院にも交渉をしますので、「志望する病院に求人が見当たらない」という方にも、ジョブデポ看護師を利用するメリットがあります。

ジョブデポ看護師を上手に活用すれば、転職活動を円滑に進めることができます。

勤務時間の設定

病院の勤務時間

病院の勤務時間は通常、24時間体制で運営されています。
これは病院が医療サービスを提供し、患者の健康を守るために必要な体制です。
緊急事態や急患の対応が必要な場合にいつでも医療スタッフが対応できるようにすることが重要です。

日勤勤務

病院での勤務時間は、一般的には早朝から夕方までの時間帯である「日勤勤務」があります。
日勤勤務は一般的な医療スタッフの勤務形態であり、患者の診察や手術、薬の管理などを担当します。

夜勤勤務

病院では、夜間も適切な医療を提供するために「夜勤勤務」が存在します。
夜勤勤務は、夜間に発生する緊急事態や急患の対応、患者の監視、処置などを行います。
夜勤勤務は通常、日勤勤務よりも人数が少なくなることがありますが、重要な役割を果たしています。

薬局の勤務時間

薬局の勤務時間は、病院とは異なる場合があります。
一般的な薬局は、平日の午前9時から午後6時までの間、および土曜日の午前9時から午後1時までの間に営業しています。
ただし、地域や薬局によっては、夜間や週末にも営業している場合があります。

休暇制度

病院の休暇制度

病院の休暇制度は、医療スタッフが適切に休養し、仕事とプライベートのバランスを取るために設けられています。
具体的な休暇制度は病院によって異なりますが、一般的な休暇制度には以下のものが含まれる場合があります。

  • 有給休暇:医療スタッフには、勤務日数に応じて有給休暇を取得する権利があります。
    有給休暇は、疲労を回復し、リフレッシュするための重要な制度です。
  • 特別休暇:病院では、特定の場合に特別休暇を設けることがあります。
    例えば、結婚や出産、家族の介護などのための特別な休暇が用意されていることがあります。
  • 連休制度:一定期間の連続した休暇を取得するための制度もあります。
    医療スタッフが長期間休暇を取得し、十分な休養をとることができるように支援しています。

薬局の休暇制度

薬局の休暇制度も病院とは異なる場合があります。
一般的には、薬局も有給休暇や特別休暇を設けていますが、病院と比べると規模が小さなため、休暇の取得には柔軟性が求められることがあります。

以上が、勤務時間・休暇制度に関する情報です。
病院や薬局によって異なることがあるため、具体的な詳細は各施設のルールに従って確認することが重要です。

休暇制度はどのように適用されているのか?
休暇制度の適用について

休暇制度の適用方法

年次有給休暇

日本の労働法では、労働者には年次有給休暇が与えられます。
この休暇は、勤務した期間に応じて付与されます。
通常は勤務期間1年以上で初めて取得できる権利が発生し、その後は毎年一定の日数が付与されます。
勤続年数や会社の規模によって異なりますが、最低でも10日は与えられます。

特別休暇

特別休暇は、通常の勤務時間外に発生する特定のイベントや状況のために設けられています。
例えば結婚、出産、死亡などの場合に特別休暇が与えられます。
具体的な日数や条件は企業によって異なる場合があります。

年末年始休暇

年末年始休暇は、多くの企業で定められている休暇です。
通常は12月31日から1月3日までの期間で、一般的には有給休暇として適用されます。

夏季休暇

夏季休暇は、主に学校や一部の企業で実施される休暇です。
夏休み期間中に従業員が集中的に休暇を取ることができるようにするため、一般的には有給休暇として適用されます。

その他の休暇

企業によっては、子の看護休暇や育児休暇、病欠休暇など、さまざまな特別な休暇制度を設けていることもあります。
これらの休暇は、労働者が特定のイベントや状況に対応するために利用することができます。

休暇制度の理由

休暇制度は、労働者の働き方の柔軟性を確保するために設けられています。
労働者は、仕事とプライベートのバランスを取ることができ、自己の健康管理や家族との時間を確保することができます。
また、特別なイベントや状況に対応するための休暇も提供されることで、労働者の生活の質を向上させることができます。

さらに、休暇制度は労働者のモチベーションを向上させるためにも重要です。
休暇を取得することで、労働者はリフレッシュし、仕事に対するやる気や生産性が向上すると言われています。
一定の休暇が与えられることで、労働者は仕事に対するストレスや疲労を軽減させることができます。

最後に、休暇制度は法律によっても規定されています。
労働者の権利として、適切な休暇を取得することが保障されています。
企業は労働者に対して、法律で定められた休暇を提供する責任があります。

  • 労働者には年次有給休暇、特別休暇、年末年始休暇、夏季休暇などの休暇が与えられる。
  • 休暇制度は労働者の働き方の柔軟性を確保するために設けられている。
  • 休暇取得により、労働者のプライベートと仕事のバランスが改善される。
  • 休暇取得は労働者のモチベーション向上と仕事の生産性向上につながる。
  • 休暇制度は労働者の権利として法律で保障されている。

勤務時間の変更や調整は可能なのか?
勤務時間・休暇制度に関する質問です。

勤務時間の変更や調整は可能なのか?

勤務時間の変更や調整は一般的には可能です。
しかし、病院や薬局の場合、患者のニーズや業務の特性によって制約がある場合もあります。

勤務時間の変更可能性

勤務時間の変更や調整が可能な理由としては以下のようなものが挙げられます。

  • 業務のスケジュールや需要に合わせて、早朝や深夜のシフトを組むことができる。
  • フレックスタイム制度が導入されている場合、一定のコアタイムを除いて自由に勤務時間を選ぶことができる。
  • 個別の事情や要望に合わせて、勤務時間の調整を行うことができる。

勤務時間の変更が制約される理由

一方で、病院や薬局によっては勤務時間の変更が制約される場合もあります。

  • 医師や薬剤師のような特定の専門職種においては、勤務時間の変更が難しい場合があります。
    これは、患者の安全や医療の品質を保つための専門性や連携体制の必要性によるものです。
  • 一部の病院や薬局では、業務の需要やスタッフの配置によって、勤務時間の変更が制約されることがあります。

まとめ

勤務時間の変更や調整は一般的には可能ですが、病院や薬局によっては制約がある場合があります。
勤務時間の変更や調整については、各施設のポリシーや業務要件によって異なるため、事前に各施設に確認することが重要です。

休暇制度にはどのような種類があるのか?
休暇制度には以下のような種類があります。

有給休暇

  • 有給休暇は労働者が労働契約に基づき、一定期間労働をした後に取得できる休暇です。
  • 有給休暇は労働基準法に基づいて規定されており、一定の勤務期間を経過した後に取得できます。
  • 有給休暇は病気やケガの療養、出産・育児休暇、家族の看護休暇などの目的で使用することができます。

年次有給休暇

  • 年次有給休暇は、一定期間労働をしている労働者が取得できる休暇です。
  • 労働基準法に基づき、1年以上の勤続で10日間の有給休暇が与えられます。
  • 労働時間に応じて短縮勤務制度がある場合は、年次有給休暇も短縮されることがあります。

特別休暇

  • 特別休暇は、法律や労働規則に基づき、特定の事情によって労働者が取得できる休暇です。
  • 具体的な特別休暇の種類としては、結婚休暇や葬儀休暇、出産・育児休暇、介護休暇などがあります。
  • 特別休暇は、労働者が特定の事情によって労働をすることが困難な場合に与えられます。

代休

  • 代休は、休日や法定休日に労働をした労働者が、後日休むことができる制度です。
  • 代休は労働基準法に基づき、労働者が休日や法定休日に労働をした場合に与えられます。
  • 代休は、勤務日数や労働時間に応じて与えられる場合もあります。

休暇制度には、有給休暇や年次有給休暇、特別休暇、代休などの種類があります。
これらの制度は、労働者が適切な休息を取ることや特定の事情によって労働ができない場合に、労働者の権利を保護するために設けられています。
労働者が休暇を取得することで健康を維持し、仕事により一層集中できるようになるため、企業と労働者の双方にとって重要な制度です。

勤務時間や休暇制度に関する改善や改革は行われているのか?
勤務時間・休暇制度の改善や改革について

まとめ

薬局の休暇制度は、病院とは異なりますが、一般的には有給休暇や特別休暇が設けられています。例えば、結婚や出産、家族の介護などのための特別な休暇が用意されることがあります。また、一定期間の連続した休暇を取得するための制度もあり、薬剤師が十分な休養を取ることができるように支援されています。

タイトルとURLをコピーしました