ニュース

隣の席は、偉大な作曲家 ソーシャルディスタンスにひと工夫

全2001席もある大ホール。その約半分の座席に貼られているのは、ベートーヴェン、バッハ、モーツァルトなどの偉大な作曲家たちの似顔絵と、「この席は私の席です。ご遠慮ください」というメッセージ。このユーモアあふれる取り組みは、「ソーシャルディスタンスを楽しんで取り組んでほしい」という思いから館長自らが発案したもの。似顔絵はイラストが得意な職員が手描きで作成しました。「粋な取り組み」とSNSや様々なメディアに取り上げられ、全国各地の施設からアイデアを活用したいという声が寄せられています。
10月からはオーケストラコンサートの再開を予定。ステージに上がれる人数を最大80人から最大40人に減らすなど、観客だけでなく演奏者の安全にも配慮しながら準備を進めています。