ニュース

口元の涼しさをキープ フェイスシールドを開発

岡山市南区の印刷加工業者パック・ロードは、紙の加工技術を活かしたフェイスシールド「COOLエチケットシールド」を開発しました。
材質は、薄いプラスチック。顔のかたちに沿って曲線を描く形状であり、通常のマスクのように口元を完全に覆わないため、熱がこもらず快適に使用できます。メガネに引っ掛けるタイプ、帽子にクリップで留めるタイプ、頭で固定するタイプの3タイプを展開。要望に応じてオリジナルプリントや形状を変えることもできます。「熱中症に困っている方など、いろんな仕事をされている方を支えたい」と代表の中桐さんは話します。
今後も、紙の加工技術を活かしたアイデア商品の開発に力を入れていくとのことです。

情報提供:テレビせとうち